FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年度末

みなさんお元気ですか?

気がつけば、5月・・・

前回のブログから考えると
色んな事がありましたね。

東日本大震災。

被災された方のお見舞いと御冥福をお祈り致します。


私たちが出来るのは募金位ですが。。
が、一時的ではなく、末永く支援していきたいです。
序々に出来ることもわかってくるでしょう。
遠い九州の地で少しでも応援します。


TVではたくさん悲惨な映像が流れましたね。
うちの娘は少なからずとも
ショックだったようです。
後追いが復活したり、私から離れなくなったり。
私がどっか行こうとすると
「じしんがきたらママがながされちゃうんだよ!」
と言う事も。
本人なりに色々想像して嫌だーって考えるんでしょうね。
保育園でも、先生が色々地震について教えるのでしょう。
物を大事に、とか避難の事とか教えるためだと思うが、
逆に子供を追い込んでるような気がするのは私だけ?
連休に大分で思いっきり遊ばせたら
少しは落ち着いたようですが。。

日本中の子ども達が
一刻も早く元気になりますように。


さて話は変わりますが。
前回のブログから今日までの
青年団の活動報告。

1月29日~30日 大夜会
宮崎市加江田荘にて行われました。
29日 実践大賞発表~懇親会

実践大賞→各市町村の青年団活動において
優秀な活動を行った団体に贈られる賞。

今回応募があったのは、
宮崎市、西米良村、椎葉村でした。
各県ともすばらしい活動で見習わなければな、と実感。
西米良村はタイの中学生を支援する活動でした。
切手やインクカートリッジを換金し
そのお金で学校入学から卒業まで支援するものです。
あしながおじさんみたいな感じですね。

今年度は日向市でも何か
支援できる事を考えたいと思います。

懇親会→飲み会です。
色んな方々とお話しました♪
私は子連れ参加のため、みなさんより早めに就寝。

30日グループに分かれての分科会。

4つの科に分かれて
それぞれのテーマで話し合いました。
私が参加したのは、青年団とライフスタイルです。
仕事と家庭と青年団活動をどう両立していくか、が課題です。
メンバーは私以外は男性でしたが
独身の方や結婚されてる方や
私のように子供がいる方。
みなさん大変な中、こうして地域活動に
真剣に取り組んでいます。
家族の理解を得るのもなかなか大変みたいですが。。。

他の分科会は
女子研やリーダー育成など、
かなり面白い内容でした。
今年は宮崎県のどこかで
「イケメンコンテスト」
が開かれるカモです 笑


まあ参加してみないとわからない!
所がありますが、同世代の人たちとこうやって
語り合う機会はなかなかないです。
青年団に入ってない人も
ぜひ参加をしてみてください!


3月5日~6日研修旅行

大人8人、子供3人で鹿児島へ行きました。
知覧特攻隊平和館、地熱発電所見学、
指宿で一泊、
次の日はさつま揚げ工場見学、アミュプラザ鹿児島
んで帰宅。

震災前の旅行でしたが
特攻隊平和館も、地熱発電所も
今思えば、とても感慨深いです。
好きで家族と離れ離れになった訳ではないのに
なぜこんな事が起きたのか。
生と死は今も昔もいつも隣合わせなのだな。
だから私は自分自身のために生きなくてはならんのだ。

さて鹿児島は結構良かったです。
指宿の古めかしさが気になりましたが。
娘は大きなお風呂に喜んでました。
そして各地で駅ビル開発が進む中、
宮崎駅は店舗がだんだん減り、
超がらーんとしてるのを見ると
なんかさびしくなります。
博多駅、鹿児島駅、熊本駅、別府駅・・・
申し訳ないがよその県に目が行ってしまう。
地産地消、農作物は出来るけど、
衣食住の衣と住は
宮崎では買いたくないのが現状。
私だけかも知んないが。

なんか話が飛びましたが
昨日は日向市の定期総会でした。
前年度の報告と今年度の予定を話し合いました。
予算案は中途半端でしたが
まあ滞りなく終わりました。
今年度も少ないメンバーですが
地道に地域活性に努めたいものです。

今年度の私の目標

次年度は監事になれるよう
若い世代に先輩の意思を伝える!
目指せ引退 なんちゃって

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

日向市青年団

Author:日向市青年団
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。